渡部健会見でガキの使いで来てる訳じゃないんでと発言した記者は誰?

12月3日にアンジャッシュの渡部が都内で記者会見を開いた。

主に不倫に関しての謝罪会見という形であった。

渡部は「ガキの使い」の「笑ってはいけない」でテレビへ復活するのではないかとささやかれていた。

渡部は今回の会見では謝罪だけを行うつもりだったが、記者から「笑ってはいけない」でのテレビへの復活を聞かれ言葉を濁した。

その記者会見中に記者が渡部に対して「我々もガキの使いで来てるわけじゃないんで」とヤジを飛ばした。

この記者の発言が不適切なのではないかと話題になっています。

この記事では「我々もガキの使いできてる訳じゃないんで」と発言した記者について詳しく書いていこうと思います。

アンジャッシュ渡部にヤジを飛ばした記者は誰?

アンジャッシュ渡部にヤジを飛ばした記者がいったい誰なのかはわかっていません。

記者会見の動画にも具体的な会社名が映ることはなく会社名の特定すら難しいです。

私はヤジを飛ばしたのは男性で比較的声が低く、図太い声だったので体格がしっかりしていて年齢も高めではないのかと思いました。

この写真からだと白いフレームの眼鏡をした短髪で体格の良い男性なのではないかと考察します。

あくまでも声からの考察なので間違っている可能性も十分にあります。

おそらくですが、いままで記者の不適切な発言で記者個人が特定されるということはなかったので今回も誰なのかわからないまま終わりそうです。

記者会見に対する世間の反応

この「我々もガキの使いで来てるわけじゃないんで」という記者の発言にはたくさんの批判が集まっていました。

渡部さんの不倫よりも記者のほうが不愉快という意見や渡部さんの奥さんやお子さんが可哀そうなど渡部さんを擁護するコメントが多くみられました。

ヤジを飛ばした記者も不適切な発言だと思いますが、それに対して笑っている周りの記者も同じような者ですね。

記者会見ではもう少し教養のある発言をしてほしいです。

渡部さんが不倫後すぐに謝罪せずこのタイミングで謝罪したということは「ガキの使い」は収録語お蔵入りになったのかもしれませんね。

世間の皆様への謝罪というよりもテレビ局関係者や一緒に仕事をした芸能人に対しての謝罪だなと感じました。

世間の皆様への謝罪であれば不祥事を起こした後すぐに謝罪を行うのが良いタイミングだと思うので。

毎年ガキの使いに出演している松本人志も「当分の間共演はない」と発言しています。

渡部記者会見でのヤジを飛ばした記者のまとめ

  1. 渡部の記者会見で「我々もガキの使いで来てるわけじゃないんで」と発言をした記者の特定は難しく今後も特定される可能性は低い。
  2. 声のトーンから体格の良く年齢も高い男性だと考察する。
  3. 「ガキの使い」の「笑ってはいけない」で渡部が復活する可能性は低く、ガキの使いレギュラーである松本人志も共演はないと発言している。
  4. 世間では渡部を擁護する声が多く、渡部だけでなく奥さんや子供も可哀そうだという意見も目立った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です